長浜曳山まつり

Posted 2018-3-26

湖北

日本三大山車祭り「長浜曳山まつり」

長浜曳山まつり(ながはまひきやままつり)は、長浜市で毎年4月に開催される祭で、長濱八幡宮の春の例祭に合わせて執り行われている。京都の祇園祭、高山市の高山祭と並んで日本三大山車祭の一つに数えられており、国の重要無形民俗文化財に指定されている。長浜城主だった豊臣秀吉に初めて男子が生まれたことを喜んだ町民が山車を作って八幡宮の祭礼に曳き回したのが始まりといわれており、絢爛豪華な山車「曳山」の舞台の上で「子ども歌舞伎」が演じられる。2016年11月30日、長浜曳山まつりを含む全国33の「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。

長浜曳山まつり

開催期間:毎年4月

場所:長濱八幡宮 長浜市宮前町13-55

アクセス:公共交通 JR琵琶湖線「長浜駅」下車徒歩15分、自動車 北陸自動車道長浜ICより15分、
※大変混雑が予想されますので、お車でのご来場はご遠慮ください。

問合せ:(公社)長浜観光協会 TEL 0749-65-6521

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop