己高山麓集落から余呉下丹生集落へ(県道285号線)

Posted 2018-5-9

湖北

己高山の麓集落から峠道(県道285号線)を経由して余呉下丹生集落へ向かう

2018年4月、余呉の集落巡りの後半は、上丹生集落から国道303号線に通じる険しい県道284号線を抜けて、己高山の麓集落(木之本町古橋集落)を訪れました。そして、古橋集落から高時川に沿って下丹生集落まで続く峠道(県道285号線)を経由して、再び余呉地区へと戻ります。杉本隧道がある狭くて険しい峠道(県道284号線)と比べると、路面状態は良好で、道幅も余裕があり、比較的快適に通過することができました。

【関連記事】

杉本隧道(杉本トンネル)

己高山

山に囲まれた道中には、いくつかの集落が高時川沿いに存在します。

己高山の麓、国道303号線と県道285号線が交わる交差点。

交差点を渡って県道285号線を進むと、そこは木之本町川合集落(H29年、163世帯442人)です。

川合集落を抜け、高時川沿いの峠道を進みます。車幅は十分あり、対向車が来ても余裕で離合できそうです。狭くて険しい県道284号線(杉本余呉線)と比べたら、快適です。道中、トンネルはありません。

次に現れたのが、大見集落。人口は少なく、22世帯38人(H29年)。大見集落にある「医王寺」には、国の重要文化財に指定されている十一面観音像が安置されています。大見でも観音信仰が根付いています。

大見にはキャンプ場が整備されていて、宿泊施設もあるようです。

高時川が流れています。余呉の集落同様、このあたりも冬は豪雪になるんでしょうね。

なかなか興味深い大見集落、いつかじっくりと探索したいと思います。

集落を抜けていくと、峠の麓、田園地帯へと続きます。

余呉町の下丹生集落に到着です。

2018年4月、賤ケ岳から余呉集落を経て己高山までを巡る旅は無事終了しました。

 

 

★賤ケ岳から余呉の山麓へ険道284号を巡る旅(2018年4月)記事一覧

木之本町大音集落(賤ケ岳)

伊香具神社(賤ケ岳 大音集落)

七々頭ヶ岳

余呉集落巡り【丹生神社(上丹生)】

余呉集落巡り【上丹生集落】

杉本隧道(杉本トンネル)-県道284号杉本余呉線

己高山

己高山麓集落から余呉下丹生集落へ(県道285号線)

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop