坂本城跡

Posted 2018-6-22

大津

明智光秀の居城「坂本城」の城址

坂本城址

「坂本城」は、2020年のNHK大河ドラマの主人公「明智光秀」が琵琶湖畔に築いた城。1571年(元亀2年)の織田信長による比叡山焼き討ちの後、信長の命により明智光秀が築城した城で、宣教師のルイス・フロイスの著書『日本史』によると、坂本城は信長の居城「安土城」に次ぐ豪壮な名城であったと記述されています。また、城内に琵琶湖の水を引き入れた水城形式の城であったともいわれています。本能寺の変の後、光秀が秀吉に山崎の戦いで敗れたことで、重臣の明智秀満が天守に火を放ち光秀の妻子もろとも落城しました。現在は、坂本城跡の碑が残っています。

 

坂本城址訪問記

2018年の夏に坂本城址を訪れました。坂本城跡公園の駐車場は無料。

 

坂本城の歴史や年表に加えて、かつての城郭がどのようになっていたかが詳しく説明されています。

 

公園内は綺麗に整備されており、景観は良好です。

 

城主である明智光秀の銅像です。肖像画とは似つかない、堂々たる風格です。

 

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公に決定。光秀を演じるのは長谷川博己さんです。

 

城址に設置されている看板や建立されている石碑には、「本能寺の変」についての記載は一つもありませんでした。

 

なんと光秀の歌碑が。よく見ると現代で作詞作曲された歌でした。歌が流れる仕組みになっていて、実際に聞くことができます。

 

坂本城の本丸は琵琶湖に突き出た水城で、その豪壮さは安土城にも引けを取らないほどだったそうです。

 

坂本城の本丸があったとされる琵琶湖岸から眺めた琵琶湖の風景です。

 

 

坂本城跡
所在地:大津市下阪本三丁目
アクセス:JR大津駅から江若バス下坂本下車徒歩3分、湖西道路下阪本ICから5分
駐車場:坂本城跡公園パーキング利用可能
問合せ:坂本観光案内所 TEL 077-578-6565
地図内検索:
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop