三井寺(園城寺)

Posted 2018-6-30

大津

近江八景の1つ「三井の晩鐘」で知られ、数多くの国宝、重要文化財を有する長等山園城寺(三井寺)

三井寺は、滋賀県大津市にある天台寺門宗の総本山で、西国三十三所観音霊場の第14番札所である観音堂など数多くの国宝・重要文化財を有しています。正式には「園城寺(おんじょうじ)」ですが、天智・天武・持統の三天皇の御産湯に用いられたとされる霊泉(井戸)があったことが由来で、「御井(みい)の寺」と呼ばれ、後に「三井寺」と通称されるようになったそうです。近江八景の1つ「三井の晩鐘」でも有名です。

 

 

三井寺(園城寺)所在地:大津市園城寺町246

アクセス:公共交通機関 京阪電鉄/石山坂本線 「三井寺駅」 下車 徒歩 10分、車名神京都東ICから8分

駐車場:普通車 350 台、大型車 30 台

料金:拝観料600円(30名以上550円)

営業時間:8:00~17:00

定休日:無し

電話番号:077-522-2238(園城寺)

 

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop