小川城址

Posted 2018-7-1

甲賀

徳川家康が伊賀越えで一夜を明かした小川城の城址

小川城は、戦国時代に多羅尾氏が城主となり再興した城とされている。豊臣秀次の切腹事件の後、小川城は廃城となった。また、天正10年(1582年)本能寺の変によって織田信長が明智光秀に討たれた際、徳川家康が伊賀越えで三河に戻る際に一夜を明かしたのが、この小川城だったと伝えられている。

 

林道から小川城址へ

2018年7月の連休を利用して行った甲賀巡りの最後の訪問地が小川城址です。小川城址へは、甲賀市信楽町小川という集落から登ることができます。

 

城址入口から山頂の城跡まで約2キロとのこと。トレッキングで山頂の城址まで行けます。

 

入口の看板の横を見ると「林道蔵骨線起点」の看板が。登山道は林道になっていて途中まで車で行けそうです。

 

城址へ通じる林道が伸びています。駐車場が無かったということもあり、林道を車で駆け上がることに。看板に「スピードを落として安全運転」と書いてあったので安心してたのですが・・・

 

車で林道を登ったことを後悔しました・・・道は狭く、路面はガタガタ(林道なんてこんなもんでしょうか)。山の中腹あたりから林道が枝分かれしており、枝道を登ったところに城址があるようです。

 

この道を車で上るのは厳しそう。この道を行けるとしたら軽トラかジムニーくらいでしょうか。残念ながらここで登頂を諦めることに・・・

 

後日、調べたら城址跡入口から始まる林道を突き進んでいくと、別の麓まで通じていることがわかりました。

 

 

★湖南から甲賀信楽を巡る旅(2018年7月)記事一覧

青地城址

小槻神社(草津市)

五百井鉱山と五百井神社

上砥山と萬年寺

和田古墳群

小堤城山城跡

廃少菩提寺

次郎九郎(廃村)

弁財天社(大原ダム神社)

鶏鳴の滝(鶏鳴八滝)

小川城址

 

 

小川城跡

所在地:甲賀市信楽町小川

アクセス:JR草津線貴生川駅から信楽高原鐵道で信楽駅下車、車で20分

駐車場:なし

問合せ:信楽町観光協会 TEL 0748-82-2345

地図内検索:
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop