湖南から甲賀信楽を巡る旅(2018年7月)

Posted 2018-7-17

湖南, 甲賀

昔話「万年寺の御好し狸」で知られる上砥山、甲賀の廃村「次郎九郎」、信楽の瀑布「鶏鳴八滝」を巡る旅

2018年7月、湖南地域から甲賀信楽を巡った旅をお伝えします。「たぬき村」等の有名な観光スポットはスルーして、今回も昔ながらの集落や寺社仏閣、廃村のある秘境地等を中心に周りました。そのため、海の日の祝日を含んだ3連休でしたが、渋滞や観光客の雑踏のストレスに巻き込まれることなく、リラックスした旅になりました。そして、昨年から始めた集落廃村巡りも今回で4回目ということで、過去の反省をもとに、山道対策としてトレッキング装備を購入、さらに撮影機器も安定した映像が撮れるよう三脚も購入しました。少しでも良質な映像をご覧いただけるよう、これからも改善を重ねたいと思います。

今回の旅は、2日間かけて行いました。1日目は湖南地区(草津・栗東)の「青地城址」「五百井鉱山跡」「上砥山(カミトヤマ)」「萬年寺」「菩提禅寺」を訪れ、2日目は甲賀地区の「廃村(次郎九郎)」「大原ダム」「鶏鳴の滝」「小川城址」を訪れ、映像に収めてきました。撮影した写真と動画に加えて、地域に伝わるエピソードを交えて記事紹介していきますので、是非、ご覧ください。

 

★湖南から甲賀信楽を巡る旅(2018年7月)記事一覧

青地城址

小槻神社(草津市)

五百井鉱山と五百井神社

上砥山と萬年寺

和田古墳群

小堤城山城跡

廃少菩提寺

次郎九郎(廃村)

弁財天社(大原ダム神社)

鶏鳴の滝(鶏鳴八滝)

小川城址

 

 

 

青地城址近くの境内社 野上社 八幡社。

 

五百井鉱山跡の麓にある五百井神社の鳥居。

 

昔話「万年寺の御好し狸」に出てくる萬年寺。

 

1723年創建の黄檗宗の寺院、菩提禅寺。

 

甲賀の廃村「次郎九郎」。

 

弁財天社が鎮座する大原ダム。

 

信楽の山奥にある八つの瀑布「鶏鳴八滝」。

 

徳川家康が伊賀越えで一夜を明かした小川城の城址。

 

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop