大音糸(三味線・琴糸)

Posted 2018-10-5

湖北

日本の伝統弦楽器「三味線」「琴」の絃線に使われている「大音糸」

日本の伝統音楽を支える弦楽器「三味線」「琴」が奏でる美しい音色は、絹糸でできている絃線によるものです。全国一の楽器糸生産量を誇る滋賀県では、絃線となる絹糸を生産しており、代表的な絹糸が木之本町大音集落で生産されている「大音糸」です。

大音集落の「大音糸」に関する記事はコチラ

賤ケ岳の麓「大音集落」では、平安時代から始まったという「糸とり」が現在でも行われています。

 

また、大音で生産された絹糸を伝統技法により三味線や琴の絃線に加工する和楽器絃製造会社が同じ木之本町にあります。

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop