マキノ鉱山跡

Posted 2018-10-9

湖北

海津大崎からトンネルを抜けた琵琶湖岸に遺るマキノ鉱山跡

マキノ鉱山とは、滋賀県高島市の海津大崎から近い琵琶湖岸にあった鉱山。磁鉄鉱が採掘されていた。現在のマキノ鉱山跡には、ズリ跡が残っている。

 

マキノ鉱山跡訪問記

2018年10月に日帰りで奥びわ湖を巡りました。湖西道路から国道161号線を進み、海津から琵琶湖岸にあるマキノ鉱山跡、菅浦集落、西野隧道、山本山城跡を目指すルートです。

★奥びわ湖を巡る旅(2018年10月記事一覧)

マキノ鉱山跡

菅浦の湖岸集落

西野隧道

山本山城跡

 

最初の目的地は、海津大崎から琵琶湖岸を大浦の方へ進み、トンネルを抜けたところにある「マキノ鉱山跡」です。

 

トンネルを抜けてすぐのところに、車が3台ほど停められる狭い駐車スペースがあります。目印になるものは何もないので、事前にポイント確認しておかないと通り過ぎてしまいます。

 

狭い駐車スペースに車を停めて、山側にある鉱山跡を見るとこんな感じです。鉱山跡への入口があるのですが、昨日に台風が通過した直後だったので、足元の状態が悪く、登ることはできませんでした。ここを登ると、一面がズリ跡になっているところを見ることができます。

 

 

地図内検索:
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop