滋賀県ってどんなところ?

Posted 2017-10-11

滋賀県

滋賀県は、日本最大の湖である「琵琶湖」を抱える近畿地方に属する内陸県で、日本のほぼ真ん中に位置しています。「湖国」と呼ばれるように、県土の約6分の1を占める琵琶湖と、近江盆地を取り囲むように連なる山々と田園地帯が広がる自然豊かな地域です。命を育む源である琵琶湖と深い緑を成す山林と田畑が織りなす風景は、「琵琶湖八景」「近江八景」と称され、訪れる者の心にその景観を刻みます。また、滋賀県は、その地理的特性より、物資と人材の流通における中継地として、東西を結ぶ重要な交通の要衝の地として経済の発展に大きく関わってきました。戦国時代においては、近江盆地に安土城を構えた織田信長、長浜で初めて領地を得た豊臣秀吉、徳川四天王の一人として彦根藩主となった井伊直政が近江国を拠点にしていました。

 

滋賀県

面積:4,017.38km2

人口:1,412,956人(推計人口、2017年10月1日)

隣接都道府県:福井県、岐阜県、三重県、京都府

県庁所在地:滋賀県大津市京町四丁目1番1号

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop