【2017年版】滋賀県の観光スポット10選

Posted 2017-10-11

滋賀県

琵琶湖以外にも見どころ満載の滋賀県のおすすめ観光地10選

滋賀県といえば琵琶湖しか思い浮かばない方が多いかもしれませんが、実は、滋賀県は琵琶湖以外にもたくさんの観光地があり、毎年多くの観光客が訪れています。今回は、必ず一度は訪れていただきたい滋賀県のおすすめ観光スポットを厳選して10選ご紹介します。

 

(1)彦根城

彦根城は、滋賀県彦根市の小高い丘に築城された三層三階の木造天守です。彦根城天守は、日本で国宝指定されている5城のうちの一つでもあります。彦根城は、井伊家の居城として、1622年に約20年の歳月をかけて築城された天下の名城で、国宝の天守をはじめ天秤櫓や西の丸三重櫓など数多くの櫓が現存します。3層3階の天守は、規模は小さくも、屋根の曲線が美しく、荘厳な雰囲気を放っています。彦根城を訪れると、彦根の有名なゆるキャラ「ひこにゃん」と一緒に記念撮影ができます。また、2017年放送のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の主人公「井伊直虎」に育てられ、後に徳川四天王として大出世を果たした「井伊直政」は、彦根藩の初代藩主です。

彦根城

住所:滋賀県彦根市金亀町1−1

観覧時間:8:30~17:00

定休日:なし

入場料:大人600円、小中学生200円(博物館500円)

電話番号:0749-22-2742(彦根城管理事務所)

 

(2)比叡山延暦寺

滋賀県と京都府の県境にそびえる比叡山の東麓に比叡山延暦寺があります。延暦寺は、788年に平安時代の僧・最澄により開かれた日本天台宗総本山の寺院で、織田信長の焼き討ちにあったものの、豊臣・徳川の援助により復興されました。本堂にある根本中堂をはじめ、多くの建築物や工芸品が国宝指定されています。そして、1994年には、「古都京都の文化財」として、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。東に琵琶湖、西に古都京都を一望できる眺望は絶景で、神秘的な「パワースポット」として、多くの参拝客が訪れています。

比叡山延暦寺

住所:滋賀県大津市坂本本町4220

参拝時間:8:30~16:30(月により変更あり。巡拝受付は閉堂の30分前まで)

定休日:なし

拝観料:大人700円、中高生500円、小学生300円

電話番号:077-578-0001

 

(3)余呉湖

余呉湖は、琵琶湖の北に位置する1週6.4kmの湖で、鏡のような美しい湖面から「鏡湖」とも呼ばれています。湖面に周囲の美しい風景が映り込む絶景を見ることができます。神秘の湖で「羽衣伝説」や「菊石姫伝説」が語られています。余呉湖は、1年を通して四季の風景を楽しむことができます。

余呉湖

所在地:長浜市余呉町

アクセス:JR余呉駅より徒歩にて5分、北陸自動車道木之本ICより10分

電話番号:0749-82-5909(奥びわ湖観光協会)

 

(4)伊吹山

伊吹山は、滋賀県と岐阜県にまたがる標高標高1,377 mの山です。滋賀県最高峰の山で、琵琶湖国定公園に指定されています。日本百名山にも選ばれています。伊吹山には、片道全長17kmの有料自動車専用道路「伊吹山ドライブウェイ」を利用すると自動車で手軽に行けます。山頂付近の「スカイテラス駐車場」まで約30分の道のりです。「スカイテラス駐車場」から山頂まで3つの整備された登山道があり、山頂まで20~30分程度で上ることができます。道中では、高山植物や紅葉等の四季折々の草花を鑑賞でき、山頂には、滋賀県を一望できる大パノラマが広がっています。

伊吹山ドライブウェイ「スカイテラス伊吹山」

所在地:滋賀県米原市大久保

アクセス:車:名神関ヶ原ICより約10分

営業時間:通行8時~20時、スカイテラス10時~16時(7月第3土曜~8月は通行3時~21時、スカイテラス9時~18時)※時期変動あり

駐車場:約600台

電話番号:0584-43-1155

 

(5)三井寺(園城寺)

三井寺は、滋賀県大津市にある天台寺門宗の総本山で、西国三十三所観音霊場の第14番札所である観音堂など数多くの国宝・重要文化財を有しています。正式には「園城寺(おんじょうじ)」ですが、天智・天武・持統の三天皇の御産湯に用いられたとされる霊泉(井戸)があったことが由来で、「御井(みい)の寺」と呼ばれ、後に「三井寺」と通称されるようになったそうです。近江八景の1つ「三井の晩鐘」でも有名です。

三井寺(園城寺)

所在地:大津市園城寺町246

アクセス:公共交通機関 京阪電鉄/石山坂本線 「三井寺駅」 下車 徒歩 10分、車名神京都東ICから8分

駐車場:普通車 350 台、大型車 30 台

料金:拝観料600円(30名以上550円)

営業時間:8:00~17:00

定休日:無し

電話番号:077-522-2238(園城寺)

 

(6)石山寺

石山寺は、滋賀県大津市にある東寺真言宗の寺院で、奈良時代に聖武天皇の勅願により良弁僧正が創建した、日本で有数の観音霊場(西国三十三所観音霊場の第13番札所)です。国宝に指定されている本堂・多宝塔をはじめ、経典・聖教類、仏像、絵巻など多くの国宝、重要文化財があります。平安時代、紫式部は石山寺を参詣した際に「源氏物語」の着想を得たとも言われています。

石山寺

所在地:大津市石山寺1-1-1

アクセス:公共交通機関 京阪電鉄/石山坂本線 「石山寺駅」 下車 徒歩 10分、JR琵琶湖線 「石山駅」 下車 バス 10分 石山寺山門前、車 名神瀬田東IC・瀬田西ICから車で10分

駐車場:普通車 120 台

料金:拝観料600円(30名以上500円)

営業時間:8:00~16:00

電話番号:077-537-0013

 

(7)雄琴温泉(おごと温泉)

雄琴温泉(おごとおんせん)は、滋賀県大津市の琵琶湖西岸にある温泉で、比叡山の伝教大師、最澄によって開かれたと伝えられています。約1200年の歴史を持つ由緒ある温泉で、比叡山の麓にあり、京都から近いということもあり、毎年多くの温泉客が訪れています。泉質はph値9.0と、高いアルカリ性単純温泉で、神経痛・筋肉痛・冷え性や疲労回復に効き、入浴後の肌質がなめらかになると言われています。

雄琴温泉

所在地:滋賀県大津市雄琴

アクセス:公共交通機関 JR湖西線 「おごと温泉駅」下車

問合せ:おごと温泉観光公園

電話番号:077-578-3750

 

(8)信楽「たぬき村」

焼きものの里で知られる滋賀県信楽(しがらき)には「たぬき村」という信楽焼の陶芸教室があります。驚くべきは、大小様々なタヌキの焼き物です。信楽焼は、滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる炻器で、日本六古窯のひとつに数えられるほど、歴史ある伝統的工芸品として認められています。「たぬき村」の陶芸教室では、陶芸体験ができ、自分だけのオリジナル陶器を作ることができます。

信楽陶苑 たぬき村

所在地:甲賀市信楽町牧1293-2

アクセス:公共交通機関 信楽高原鐵道、信楽線「雲井駅」 下車 徒歩 8分

駐車場:普通車 100台

料金:電動ろくろ:1時間1,000円 ほか

営業時間:9:00~17:00

定休日:年中無休

問合せ:TEL 0748-83-0126

 

(9)長浜城歴史博物館

羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が織田信長から初めて領地を与えられて大名に出世を果たした時代の天正3年に秀吉が交通の要衝であった長浜に築城したのが長浜城です。秀吉は、長浜城を賤ヶ岳合戦の拠点としました。豊臣家滅亡後、長浜城は廃城となり、取り壊された石垣など多くの材料が彦根城建設のために使われました。現在の長浜城は、昭和58年に市民の熱意と寄付金などで建設され、内部を歴史博物館として開館しました。

長浜城歴史博物館

所在地:長浜市公園町10-10

アクセス:公共交通機関 JR琵琶湖線「長浜駅」下車徒歩5分、車 北陸自動車道長浜ICから車で15分

駐車場:普通車 120台、大型車 25台

料金:大人400円、小中学生200円 ※但し、長浜市及び米原市の小中学生に限り無料

営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

定休日:年末年始(12/27から1/2)※但し、展示替えのため臨時休館することがあります。

問合せ:TEL 0749-63-4611

 

(10)安土城跡

JR安土駅の北東、標高199mの安土山一帯は、天正4年(1576年)織田信長が約3年の歳月をかけて完成した幻の居城「安土城」の城跡として、国の特別史跡に指定されています。安土・桃山時代の幕開けとして築城されましたが、織田信長が倒れた本能寺の変後、焼失して石垣だけが残って、現在に至っています。安土城は、我が国では最初となる大型天守であり、当時の日本最高の技術と芸術を結集して建造されたといわれています。

安土城跡

所在地:近江八幡市安土町下豊浦

アクセス:公共交通機関 JR琵琶湖線 「安土駅」下車徒歩25分、車 名神竜王ICから20分

駐車場:普通車150台、大型車10台

入山料:大人 700円  小人 200円

問合せ先:安土駅前観光案内所 TEL 0748-46-4234

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop