滋賀を移住先に!都会からのアクセスがよくて生活に便利な田舎!

Posted 2017-10-11

滋賀県

大阪・京都・名古屋からのアクセスが優れ、生活環境も全国トップクラスの田舎、それが滋賀県です!

最近、田舎に移住して田舎暮らしを始めたいと考えている方が増えています。そんな田舎暮らしの移住先を探している方に、是非、滋賀県をお勧めします。

 

自然の宝庫

滋賀県といえば日本一の琵琶湖があるのはご存知だと思いますが、湖だけでなく、たくさん田園や山々の緑に囲まれており、大自然を実感できる土地です。静かなところでのんびり暮らしたい方にお勧めするのは、彦根より北部の湖北地域(米原、長浜、木之本、余呉など)です。夏は湖北の綺麗な琵琶湖でマリンスポーツを、冬は雪がたくさん積もる余呉の山々でスキーやスノボを楽しめます。

 

優れたアクセス

滋賀県は、東西の要所を結ぶ中継地として古くから栄えました。東京・名古屋・京都・大阪を結ぶ東海道新幹線と名神高速道路の日本の大動脈が滋賀県の上から下までを貫いています。東海道新幹線の米原駅へは、新大阪駅からだと30分ちょっと、名古屋駅からだと30分かかりません。そして、米原駅から在来線で30分程度で湖北地域へ到着します。京都駅からだと、在来線の新快速を利用すれば、永原駅まで乗り換えなしの1時間半で行けます。

 

生活しやすい環境

滋賀県に住む人の平均年齢は40代半ばで意外に若い人が人口の多くを占めています。他府県から引っ越してきた若い人も多く、人間関係も構築しやすいといえます。また、滋賀県は日本有数の内陸工業地域で、パナソニック・京セラ・オムロンなど日本を代表する大企業の工場が数多くあります。大企業メーカーが多いので求人数も多く、給料も高いです。滋賀県の平均所得は全国で7位、勤労者世帯1世帯当たり貯蓄現在高は全国1位(平成21年データ)です。田舎ではありますが、人口10万人当たりの百貨店・総合スーパー数は2.33店全国2位(平成24年データ)と、買い物にも困りません。

 

子育てに最適

滋賀県は、生活環境に加え、出産・子育てにも優れています。出生率は全国2位。その理由は、病院施設が整っており、産婦人科も県全土にあり、どこでも安心して出産できるからです。また、保育所施設も充実しており、子供の多い大津市でも待機児童は3年連続ゼロです(平成29年4月データ)。滋賀県の行政が、親が子供を保育所に預けて、安心して働ける環境作りに取り組んでいます。

 

 

 

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop