虎御前山

Posted 2017-10-16

湖北

戦国時代、織田信長の小谷城攻略の陣城となった「虎御前山」

標高約230mの虎御前山(とらごぜんやま)は、戦国時代に織田信長が浅井長政の小谷城を攻略する際に、最前線の陣城として虎御前城を築き、柴田勝家の陣が置かれた地として知られています。登山道が敷かれており、手軽にハイキングが楽しめます。頂上からは、西に琵琶湖や竹生島、東には小谷山や伊吹山が一望できます。

虎御前山

所在地:滋賀県長浜市中野町・湖北町山脇

アクセス:公共交通 JR北陸本線「虎姫駅」下車徒歩12分・JR北陸本線「河毛駅」下車徒歩10分、自動車 小谷城スマートICから5分

駐車場:有

問合せ:長浜市観光振興課 TEL 0749-65-6521

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop