長浜城(長浜城歴史博物館)

Posted 2017-10-18

湖北

秀吉が初めて城主となった城「長浜城」、その跡地に建つ歴史博物館

羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が織田信長から初めて領地を与えられて大名に出世を果たした時代の天正3年に秀吉が交通の要衝であった長浜に築城したのが長浜城です。秀吉は、長浜城を賤ヶ岳合戦の拠点としました。豊臣家滅亡後、長浜城は廃城となり、取り壊された石垣など多くの材料が彦根城建設のために使われました。現在の長浜城は、昭和58年に市民の熱意と寄付金などで建設され、内部を歴史博物館として開館しました。

 

長浜城歴史博物館所在地:長浜市公園町10-10

アクセス:公共交通機関 JR琵琶湖線「長浜駅」下車徒歩5分、車 北陸自動車道長浜ICから車で15分

駐車場:普通車 120台、大型車 25台

料金:大人400円、小中学生200円 ※但し、長浜市及び米原市の小中学生に限り無料

営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

定休日:年末年始(12/27から1/2)※但し、展示替えのため臨時休館することがあります。

問合せ:TEL 0749-63-4611

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop