小谷城跡

Posted 2017-10-18

湖北

戦国大名 浅井長政の居城「小谷城」の城跡

戦国時代、長浜の小谷山(495.1m)に築城され、戦国大名浅井家の居城だったのが小谷城です。日本五大山城の一つに数えられ、浅井長政と織田信長の妹で戦国一の美女といわれたお市の方との悲劇の舞台として語られている城です。堅固な山城として知られていましたが、織田信長に攻められ落城しました。その後、小谷城は羽柴秀吉に与えられましたが、秀吉は長浜城に拠点を移したために、小谷城は廃城となりました。現在は、土塁・曲輪などのほか、先駆的に取り入れられた石垣などが遺構として残っています。城跡は、国の史跡に指定されています。

 

小谷城跡

所在地:長浜市湖北町伊部

アクセス:公共交通機関 JR北陸本線「河毛駅」下車バス9分 小谷城址口、車 長浜インターから15分 木之本インターから15分

問合せ:奥びわ湖観光協会 TEL 0749-82-5909

地図内検索:
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop