余呉半明集落(廃村)

Posted 2018-11-24

湖北

半明(はんみょう)集落(廃村)

半明集落は、高時川の上流に、余呉中河内集落(現存集落)の枝村として存在した集落。廃村になった正確な年代は不明だが、丹生小学校半明冬季分校が昭和35年に閉校したという記録がある。半明集落もまた、丹生ダム建設計画に伴って、廃村を余儀なくされたようである。

下記は1975年(昭和50年)の半明集落を写した航空写真。民家と田畑が確認できる。

半明集落跡訪問記

2018年11月、国道365号線にある滋賀県最北の集落、中河内から県道285号線の険しい道を進み、廃村地区を訪れました。中河内から県道285号線を進むと、半明・針川・鷲見・田戸・小原の順に集落跡を訪れることができます。しかし、2018年は記録的な台風が近畿地方を襲い、余呉地区の山間道路もかなりの被害が出ていたようです。ただでさえ険しい県道285号線は、がけ崩れによる道路の崩落が起こっており、半明・針川までしか辿り着けませんでした。

余呉針川集落跡訪問記事はコチラ

中河内から廃村地区へと通じる県道285号線を進みます。

中河内から半明の途中にはいくつかの廃小屋が存在します。既に人気は無い。

285号線の峠道を進んでいき、最初の廃村、半明集落跡に着きました。

上記の橋は、高時川にかかる橋、「半明」を記す標識が立っています。

半明集落跡を流れる高時川。

かつては、高時川の土手沿いに家屋が立ち並んでいたようである。

ドローンを使って、半明集落跡を上空から撮影。丘の上に愛宕神社という神社があったらしい。道路から神社へ上がる石段が遺ってるそうだが、草木が覆っており確認できなかった。

下記の写真に写る平地部分は、かつて家屋が立ち並んでいたところ。集落が存在した頃は、30戸ほどの民家があった。さらにその奥には、田畑が広がっていた。

今は無き集落跡を見守り続ける地蔵様。手入れされているそのお姿から、昔に住んでいた村人がたまにこの地を訪ねてきていることが想像できる。

1977年(昭和52年)の半明集落の空中写真。今回の撮影では確認できなかった家屋や田んぼがはっきりと確認できる。

地図内検索:
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop