余呉尾羽梨集落(昭和46年廃村)

Posted 2017-10-19

湖北

尾羽梨(おばなし)集落(昭和46年廃村)

尾羽梨集落は、昭和46年の集団離村により廃村となった。余呉町の中でも北部にあり、高時川の東岸に位置している。丹生ダム建設により水没する予定だったが、ダム建設中止に伴い、現在も廃村跡は残り続けている。かつて、丹生小学校尾羽梨分校、福寿寺、春日神社があったが、現在は石垣や神社の石碑などが残っているだけである。また、非公式ではあるが、1936年に積雪7m30cmを記録したほどの豪雪地帯で、かつ、山間部の最奥地ということもあり、かつての住民の生活を取り巻く自然環境は極限に厳しいものであったことが想像できる。

 

昭和50年頃撮影された福寿寺(出典:高時川ダム建設地域民俗文化財調査報告書)

 

昭和50年頃撮影された丹生小学校尾羽梨分校(出典:高時川ダム建設地域民俗文化財調査報告書)

 

下記は1968年(昭和43年)の尾羽梨集落を写す航空写真。県道285号線からさらに山奥の高時川支流の尾羽梨川上流に集落があったことがわかる。

 

 

地図内検索:
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop