太平寺集落(廃村)

Posted 2017-10-19

湖北

伊吹山中腹、標高450mの地に存在した天空の村、太平寺集落

太平寺集落は、昭和38年(1963年)に閉村された滋賀県坂田郡伊吹村(現・滋賀県米原市)にある廃村集落。伊吹山中腹、標高450mの秘境に存在した太平寺集落は、古くから伊吹山の山岳信仰の拠点として、多くの修行者が集ったという。ソバの名産地(伊吹ソバ)でもあり、日本ソバ発祥の地とされる。現在の太平寺集落は、民家や仏像が現存しているというが、住友大阪セメント工場の敷地になっていて無断で入ることはできない。

 

地図内検索:
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop