永源寺

Posted 2018-12-12

東近江

紅葉が美しい大本山 永源寺 

永源寺(えいげんじ)は、滋賀県東近江市にある臨済宗永源寺派の大本山。山号は瑞石山。紅葉の美しさで有名。永源寺は、南北朝時代の興安元年(1361)に、時の近江守護職、佐々木六角氏頼公が、入唐求法の高僧、寂室元光禅師(正燈国師)に帰依し、領内の土地を寄進して伽藍を創建したことが始まりとされている。最盛期には寂室元光を慕って2千人の僧が入寺し、56坊もの坊院の末庵を有したと記されている。戦乱の時代には兵火で衰えたが、江戸時代中期に、一絲文守禅師が住山されると、後水尾天皇や東福門院、彦根藩らの帰依を得て、伽藍が再興された。山門をくぐると、境内には庫裡・鐘楼・方丈・法堂・禅堂・開山堂などが建ち並び、開山堂には、国指定の重要文化財である寂室和尚坐像が鎮座する。寺内には彦根藩主井伊直興の墓所がある。永源寺の本尊は秘仏「世継観世音菩薩」である。祈願すると子供や跡継ぎに恵まれると伝えられている。

 

永源寺 山門(滋賀県指定文化財)

 

 

永源寺
所在地:東近江市永源寺高野町41
アクセス:近江鉄道/本線「八日市駅」下車バス35分 永源寺前 / 車 名神八日市ICから三重県方面、約15分
駐車場:私営駐車場 数ヶ所 普通車300台、大型車50台
料金:拝観料500円、20名以上団体450円
営業時間:9:00~16:00 観楓期(11月頃)8:00~17:00
問合せ:大本山永源寺 TEL 0748-27-0016
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

トップ

新着動画

スポンサーリンク

FIND OUT管理人

滋賀県出身。大阪でインターネット広告やWEBマーケティングを扱う会社を経営。管理人自らが滋賀県の集落や廃村、地域に根差した神社・仏閣、戦争遺構などを現地調査を通じて紹介しています。

>>管理人ブログ

facebook

goTop